サポート

呼吸センサの使用方法

ロードセルセンサの取付け方法

ロードセルセンサの取付け方法

レーザセンサの取付け方法

レーザセンサの取付け方法

呼吸センサの校正方法

キャリブレーション方法(AZ-733V)

ユーザーレポート

メディポリスがん粒子線治療研究センター 放射線腫瘍医 荻野 尚 先生
接続装置:陽子線治療装置(三菱電機)
使用目的:肺、肝臓の腫瘍への呼吸同期照射

荻野先生は、1996年本邦において初めてとなる医療専用の陽子線治療施設である国立がんセンター東病院の設立から立会われ、安西メディカル社の呼吸同期装置との関わりあいは10年以上となります。陽子線治療の特徴である正常組織への影響を少なくしつつ、がん病巣に集中した放射線の効果を得る治療において、呼吸同期照射は不可欠であるとのことで、呼吸同期照射治療の臨床経験が豊富な先生からのコメントをご紹介させていただきます。
「初期の安西メディアカル社の呼吸同期装置では、呼吸センサーの取扱いに手こずることもあったが、現在のレーザセンサでは患者への施行が簡便になり、また、得られる呼吸波形もターゲットとの相関性に確信をもっている。呼吸同期照射は、一般的に通常の照射と比べると治療時間が長くかかり効率が悪いと言われているが、患者様の協力が得られれば、実際はそれほど時間を要しません。むしろ必ず必要である患者固定の時間が治療トータル時間に占める割合が大きいため、呼吸同期照射を行なうことで治療時間の効率低下を指摘するよりは、人体に放射線をあてて治療する副作用(正常組織の炎症や低被ばくから発生するがん)を低く抑えることができる陽子線の特徴を生かさない治療のほうが、相対的にみてリスクがあるように感じます。海外の粒子線治療施設で呼吸同期照射の実施例が少ないのが不思議です。」

文献ダウンロード

準備中

Q&A

ロードセルとレーザセンサはどちらの感度が優れているのですか?

感度に優劣はありません。
用途に応じて使い分けてください。患者様の体に直接装着するロードセルは、ガントリーが深いPET-CTなどに。患者様へ直接装着しない非接触式のレーザーセンサーは、放射線治療や固定具を使用する場合に向いています。

ロードセルHigh/Low(733V)、DEEP/STANDARD(733VI)の違いは何ですか?

HighとDEEPは呼吸による動きが大きい患者様に対して使用します。LowとSTANDARDは比較的呼吸による動きが小さい患者様に対して使用します。

模擬波形が出力されない。

ソフトウェア上の設定から『TEST SIGNAL』を有効にする必要があります。
また、センサ等の構成品がすべて接続されている必要があります。
画面右下に『Test Signal on Display』が表示されているのに、模擬波形が表示されない場合は、Magnification・Positionを調整して下さい。

1台の呼吸同期システムAZ-733VIを複数台の外部装置に接続する場合はどうすればよいですか?

接続希望装置の専用ケーブルと専用インターフェースの追加が必要となります。また、御使用される部屋のレイアウトにより接続ケーブル類も追加となります。

現在の呼吸同期システムAZ-733Vを新たにAZ-733VIに更新する場合、AZ-733Vの敷設されたケーブルは使用できますか?

変換ケーブルを使用するため、新たなケーブルを敷設する必要はありません。